相続を放棄したいなら手続きが必要|負の遺産から逃れる

男性

マイナス財産が多いなら

相談

弁護士に相談も

財産というとプラスなイメージを持っている人が大半ですが、実際に親族が亡くなった場合には預金や不動産などが財産として相続されます。しかし、全てがこういったプラス財産というわけではなく時にはマイナス財産を相続することになってしまう場合もあります。両親が多額の借金をしたまま亡くなってしまった場合、通常は遺族である子供はそのマイナス財産を相続することになってしまいます。これを回避することが出来るのが相続放棄です。プラス財産もマイナス財産も全ての相続を放棄することで、マイナス財産の方が多いという場合でも借金を背負うような事態を回避することが出来るのです。相続放棄の手続きは素人には難しいことが多く、個人で全ての手続きをするのは困難だとされています。また、放棄してしまうとメリットだけではなくデメリットも存在していますので何も考えずに手続きしてしまうと後で後悔してしまう可能性もあります。そのため、相続放棄の手続きを行う際には法律の専門家である弁護士に依頼するのが一般的です。専門家である弁護士であれば本当に放棄した方が良いのか一緒に考えてくれますし、何か疑問があった場合でもわかりやすく説明してくれるので安心です。しかし、ここで注意しなければならないのは相続放棄の手続きが可能な期間です。手続きには管轄となる家庭裁判所に必要書類を提出する必要がありますが、この受け付けがわずか3ヶ月間しか無いのです。そのため、その期間を過ぎてしまわないように早めに弁護士に相談することが大切です。

トラブルを解決したいなら

弁護士

何らかのトラブルを解決したいなら法律の専門家である弁護士に相談しましょう。町田にも優秀な弁護士が多数いるので、上記のようなトラブルを抱えているなら相談に乗ってもらうようにしましょう。

本部と加盟店とのトラブル

弁護士

コンビニなどのフランチャイズ契約を結ぶことでトラブルに発展し訴訟に発展する事例も数多くあります。フランチャイズ加盟店のオーナーの方はこうしたトラブルに発展することも想定し、対応をしてくれる弁護士を見つけておくことが望ましいです。

トラブルを法的に解決

相談

東京で厄介ごとに巻き込まれたときは、そのトラブルに特化した弁護士に相談すれば、民事や刑事にかかわらずしっかりと解決してくれます。なお、書類などが必要になるかもしれませんので、相談料を節約するために、事前に調べておくのも良いでしょう。